広報誌「やまなみ」№292号-令和3年1月発行

ご利用者様の顔写真が入った紙面は、事務にて配布しております。お問い合わせください。

施設長 佐藤真由子

 

明けましておめでとうございます。めでたい年の始めですが、昨年から新型コロナウイルスが流行り、感染の心配や自粛生活が続いています。感染経路不明のケースも増えているので、外出時は油断できません。密を避け、こまめに手洗いをして、マスクを着用するなどの対策を心がけましょう。
当苑では対面での面会を中止しているので、入所中の皆様にもご家族の皆様にもご心配をおかけし、寂しい思いをさせていると思います。直接会うのとは全く違うかもしれませんが、タブレット型PCを利用した画面越しでの面会は可能ですので、ご活用していただきたいです。
今年は丑年です。牛といえば、闘牛等は別として、のんびり過ごしているイメージがあります。牛のようにゆっくりでいいので歩み続け、着実に物事を進めていきたいと思います。例えば、感染対策のなされている勉強会等は予定が合えば出席したいと思っていますし、昨年の8月から始めた毎朝のラジオ体操も、健康のために続けようと思います。コロナ禍ですが、注意しつつ、のびやかに日常を続けていくことも大切だと思います。
入所中の皆様が健やかに過ごすことができるよう、感染対策に細心の注意を払い、職員一同力を合わせ頑張ります。
早く終息し、以前のような日常を取り戻せるように願っています。今年もよろしくお願いします。


事務長 後藤剛司


あけましておめでとうございます。日頃よりやまなみ苑に対するご理解・ご支援に感謝申し上げます。
さて、昨年は新型コロナウイルス感染症に翻弄された一年でしたが、やまなみ苑でも利用者さまや職員の生活様式が大きく変化しました。新しい生活様式の中、「密」を避ける行動やマスク着用が求められ、ご家族さまにおいては、外出・外泊や面会制限等の中で寂しい想いをされた事と存じます。以前の様に面会できる状況はまだ先の様に思いますが、昨年から導入したタブレット面会を是非ご活用いただき、利用者さまの元気なお姿を見て、ご安心いただけると幸いに存じます。
 やまなみ苑職員は「やまなみ苑にウイルスを持ち込まない」ため、仕事以外の時間においても、感染地域への外出自粛や感染状況に応じて不要不急の外出を自粛し、徹底した感染対策を行っています。ワクチン接種の報道がされていますが、現在の緊張した生活はしばらく続くことになると思います。
 コロナ禍においても、利用者さまやご家族が安心してやまなみ苑で療養・生活できるよう、職員一同努めて参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


もちつき大会を行いました


オンライン面会 実施中

詳しくは、事務にお問い合わせください。


焼き芋会を行いました


秋の誕生日会

10月21日、2階ホールにて敬老の日のお祝いを兼ねた秋の誕生日会を開催しました。「秋の大収穫祭ゲーム」と題し木に秋の食べ物をたくさん実らせた方が勝ちという、3階チーム対4階チームでゲームを行いました。職員が持つ木に利用者さまがお手玉を投げ当たった所へ秋の食べ物を付けていくというゲームで、これがなかなか皆さんのコントロールが良く接戦になりましたが、僅差で4階の勝利となりました。最後に職員も参加しましたが、利用者さまより投げる距離が遠かった為、木まで届かないこともあり苦戦していました。
 笑いありの楽しい誕生会になりました。


やまなみ喫茶 & クリスマス


 大雪の日、外は極寒でした。